RCCM-Structのサポート体制の変更について

太陽光発電アレイ 自然風を再現した風荷重解析

話題の「太陽光発電アレイ」、風荷重解析のエッセンスをご紹介!

太陽光発電は、ご存じの通り、光エネルギーを電気に変換する発電方法です。
二酸化炭素を排出しない発電方式として非常に有効なものですが、課題としては、気候条件により発電量が左右されることや発電効率、低コスト化などがあります。これと合わせて、屋外での設置がほとんどであるため強風に対する対策が重要になります。

今回のウェビナーでは、強風下における太陽光発電アレイの風荷重解析を3DCADSolid EdgeにバンドルされているSimcenter FloEFD for Solid Edgeを用いた事例にてご紹介させて頂きます。
ウェビナーのお時間はおよそ15分、お仕事のちょっとしたヒントにいかがですか?

スケジュール

2021年11月25日(木)14:00~ およそ15分程度を予定しております。

本セミナーはこんな方にお勧めです

  • 太陽光アレイの設置に興味がある
  • 流体解析でどんなことがわかるのか知りたい
  • 短時間でさっとウェビナーを受けたい

本ウェビナーはZoomウェビナー機能を利用して開催いたします

本ウェビナーはZoomウェビナー機能を利用して開催いたします。
お申し込みフォームより、お名前、メールアドレス、お電話番号をご記入ください。
開催日前にご視聴方法をメールにてお知らせいたします。
また、ご視聴後に簡単なアンケートへのご協力をお願いいたします。


多くの皆様のご視聴お申込みありがとうございます!
本ウェビナーのお申込み受付は終了させていただきました。


本ウェビナーに関するお問合せはこちら

FloEFD for Solid Edge