RCCM-Structのセミナー・イベントにおける新型コロナウイルス感染拡大防止について

熱設計のための実践シミュレーション その1

流体解析初心者の皆様へ
実用的な熱流体解析のツボをわかりやすく解説します!

これから流体解析にチャレンジするみなさま
まずは流体解析の流れを把握することから
始めてみませんか?
今回は流体解析の中でよく取り上げられる
温風加熱解析輻射を含めた電子機器をテーマとして、解析の流れをご紹介いたします。
また、流体設計は手計算で実施することもありますが、ツールを使うことで、解析の方法がどのように変わるのかを解説いたします。

今回のウェビナーでは皆様に実業務へ流体解析を活かすためのヒントをお伝えします!

概要

本セミナーはウェビナーです

下記お申込みフォームより、会社名、お名前、メールアドレスをご記入ください。開催日前にご視聴URLをメールにてお知らせいたします。
また、ご視聴後にはアンケートへのご協力をお願いいたします。

本セミナーの対象者は…

これから流体解析にチャレンジされる皆さまが対象です。
流体解析にご興味をお持ちの方、解析初心者の方にもお仕事のヒントになるウェビナーです。
お気軽にご視聴ください。

ウェビナーコンテンツ

  • 固体伝熱を含む物体の温風加熱解析
  • 輻射を考慮した電子機器の熱流動解析

日程

  • 2020年10月1日(木)15時~16時

ご視聴お申し込み


本ウェビナーは配信終了いたしました。
多くの皆様のご視聴誠にありがとうございました。
なお、見逃し視聴・資料ダウンロードは
RCCM-Struct会員様限定ページにてご案内しております。
この機会にRCCM-Struct会員にご登録下さい!


〈ウェビナー資料〉熱設計のための実践シミュレーション  その1