2022真夏のウェビナー祭り開催中!

FEMAP v2022.2 新機能のご紹介

本バージョンでは、主に次の改良・改善が行われました。

  • 積層要素 定義のインタフェース強化
  • エレメントモニタポイント(MONPNT2)に対応
  • Simcenter Nastran SOL146向け インタフェースの強化

プリ処理

積層要素 定義のインターフェース強化

積層要素の定義機能を強化し、4つのコマンドに再編しました。

  • 旧バージョン(FEMAP v2022.1まで)
    [モデル]-[積層レイアップ]コマンド
  • FEMAP v2022.2~
    [モデル]-[ラミネート]
    -[レイアップ]コマンド
    -[プライ材料マネージャ]コマンド
    -[グローバルプライマネージャ]コマンド
    -[マルチレイアップエディタ]コマンド

操作性の向上、コピー機能などの機能強化を図りました。

①マテリアルの新規作成

次の3つのエンティティの新規作成が可能です。

プライマテリアル(プライ材料)の新規作成ダイアログ起動
 ↳ 何度も使用する「マテリアル」, 「厚さ」, 「破壊理論」の組み合わせを
プライマテリアルとして保存
テリアルの新規作成ダイアログ起動
グローバルプライの新規作成ダイアログ起動
 ↳ 複数の積層レイアップ間で、共通にポスト処理するプライを指定.
    グローバルプライは複数位置に設定が可能.

②コピー/貼付け

手順

  1. コピーするプライの行を選択(複数選択 可)
  2. [コピー]アイコンをクリック
  3. オプションを選択
  4. リンクの設定:オン☑/オフ□
  5. [貼付け]アイコンをクリック
オプション説明
一致オーダーコピー元のプライと同じ順序・同じ角度でコピー
対称コピー元のプライと逆の順序・同じ角度でコピー
非(アンチ)コピー元のプライと同じ順序・符号反転した角度でコピー
非対称コピー元のプライと逆の順序・符号反転した角度でコピー
リンク説明
オン(☑)コピー元のプライに関連付け
※マテリアル, 厚さ, 角度は、コピー元プライの設定を参照
※コピー後にリンク除去 可
オフ(□)独立したプライにする

③各種機能

Excelを起動し、シートに書出し
「レイアップ ビューワ」ダイアログが起動し、
プライの厚さや角度を図として表示
レイアップ全体でのプロパティを算出し、
「メッセージ」ウィンドウに算出値を出力
フィルタ設定のクリア
※各項目名の「▼」からフィルタ設定が可能

④表示列の追加

次の3つの項目の表示を追加可能です

列の項目名説明
オン/オフ積層レイアップにプライを「含める/含めない」を設定するための列を表示。
プライを削除せずに、積層レイアップから除外することが可能。
グローバルプライID「グローバルプライ」設定用の列を表示。
 ↳ 複数の積層レイアップ間で、共通にポスト処理するプライのこと
※グローバルプライの設定は、[マルチレイアップエディタ]でも可
破壊理論「破壊理論」設定用の列を表示。

手順

列の項目名の上でマウス右クリックし、表示されるポップアップメニューから追加する列を選択

⑤ プライの追加、順序変更、削除

レイアップの一番上に新規プライを追加
選択したプライの上に新規プライを追加
レイアップの一番下に新規プライを追加
選択したプライを上に移動 *
選択したプライを下に移動 *
選択したプライを削除
*:プライ選択時(プライの順序を示す数字を選択時)のみ、使用可能

何度も使用するプライ設定(マテリアル, 厚さ, 破壊理論)をプライマテリアルとして保存する機能を新設しました。
本コマンドには、プライマテリアルの「新規作成」・「編集」・「削除」・「リナンバ」機能が統合されています。

※旧バージョンでは、「グローバルプライ」が本機能を兼ねていました。

機能を単一化(新設のプライマテリアルへ機能分割)し、「検証」機能の追加などの機能強化を行いました。
本コマンドには、グローバルプライの「新規作成」・「編集」・「削除」・「リナンバ」機能が統合されています。
※旧バージョンでは、「積層レイアップ」の定義ダイアログ または モデル情報ウィンドウからの起動でした。
本バージョンでメニューコマンドに追加しました。

検証機能のオン/オフ

オン(☒) 積層レイアップのプライにグローバルプライの設定をして保存するときに、
プライの定義内容(マテリアル,厚さ)がグローバルプライと同一かチェック。
≪対象コマンド≫ [レイアップ], [マルチレイアップエディタ]
オフ(□)上記のチェックを行わない。

検証が「オン」のグローバルプライを積層レイアップのプライに設定した場合、積層レイアップの保存時に、プライ定義内容とグローバルプライ定義内容の整合性確認が行われます。

複数の積層レイアップに一括でグローバルプライの位置設定する機能を追加しました。
個々の積層レイアップの編集(プライの追加/削除, プライの編集)も可能です。

①グローバルプライ編集 ⇔ プライ編集 の切り替え

  • 初期状態 :グローバルプライの編集… 図.A
  • 切り替え(グローバルプライ編集⇔プライ編集)
    : アイコン
    ⇒ プライの編集 … 図.B

②グローバルプライの割り当て

手順

  1. 設定位置のプライを選択
  2. アイコンをクリック
  3. グローバルプライの定義/選択

グローバルプライの「検証」がオンの場合、
上記ダイアログの【OK】ボタンを押すと
積層レイアップのプライの定義内容との
整合性確認が行われます。
不一致の場合、メッセージが表示されます。

エレメントモニタポイント「MONPNT2」をサポート
【Simcenter Nastran, MSC Nastran】

[モデル]-[シミュレーションエンティティ]-[モニタポイント]コマンドに機能追加しました。
定義したモニタ点の応力/ひずみ/力は、F06ファイルに出力されます。

タイプSimcenter Nastran
対応するSOL番号
MSC Nastran
対応するSOL番号
MONPNT1144101, 108, 109,
111, 112, 144,
146, 200, 400
MONPNT2101, 103101, 103, 108,
109, 111, 112,
144, 146, 200
MONPNT3101, 103101, 103, 108,
109, 111, 112,
144, 146, 200,
400

ユーザーインタフェース

ジオメトリエンティティの選択機能を強化

関連するノード/エレメントに基づいて、ジオメトリエンティティを選択する機能を追加しました。

  • [元ノード]    :選択したノードが関連付けられているジオメトリエンティティを一括選択
    ※後日、コマンド名が[ノードから]に変更になる可能性があります。
  • [エレメントから] :選択したエレメントの構成ノードが関連付けられているジオメトリエンティティを一括選択

追加先

  • 『エンティティ選択』ダイアログの【メソッド】 ※ジオメトリエンティティ選択時のみ
  • [グループ]
    • [ポイント] 内
    • [カーブ] 内
    • [サーフェス] 内
    • [ソリッド] 内

線要素「オフセット」のダイアログを改良

[編集]-[エレメントの更新]-[オフセット]コマンドのダイアログを改良しました。

  • 改良内容(抜粋): 判読性向上のための構成見直し、設定手順の統一
  • 新規オプション追加 : 「ベクトル基準」(「ベクトル基準」内)
               ユーザー定義のベクトルに沿ったオフセット機能を追加しました。
旧バージョン(FEMAP v2022.1まで)
FEMAP v2022.2

バイナリ形式の中間ファイル(.fno)出力をサポート

[ファイル]-[エクスポート]-[Femapニュートラルアウトプット]コマンドを新設しました。
fnoファイルでは、出力する対象(エレメント, 解析結果)を指定することが可能です。

[ツール]-[パラメータ]コマンドで「設計方程式」をサポート

パラメータ制御の対象エンティティに「設計方程式」を追加し、利便性向上を図りました。

[ツール]-[パラメータ]コマンド
: 複数のエンティティのパラメータ(エンティティカラー, ID番号 など)を一括して制御する機能

解析セットマネージャの「プレビュー」に検索機能を追加

『解析入力ファイルのプレビュー』ダイアログに「検索」ボックスを追加し、プレビュー編集時の対象箇所へのアクセス向上を図りました。

ポスト処理:コンタ/クライテリア凡例のラベル非表示機能を追加

[ビュー]-[オプション]コマンドの 「ポスト処理」 – 「コンタ/クライテリア 凡例」にラベルの非表示オプション追加を追加しました。
「ラベルなし」の設定とFemap API 「User Defined Graphicsオブジェクト」に新規追加された凡例用メソッドと組み合わせて、カスタム凡例の作成が可能です。

ジオメトリ/ソルバー サポート

ジオメトリインタフェース

次のバージョンに対応します。

Femap インターフェースサポートする最新バージョン
Parasolid34.1
ACIS2022.1
JT11.0
Creo(旧:Pro/ENGINEER)Creo 8
NXVersion 2007
Solid Edge2022
SolidWorks2022
CATIA V5 ※有償オプションV5-6 R2021 SP4

解析プログラムインタフェースの改良

解析タイプの新規追加

空力弾性応答(SOL146)の次の解析タイプをサポートしました。

  • 空力弾性周波数応答
  • 空力弾性トランジェント応答
    (過渡応答)
  • •空力弾性ランダム応答

空力弾性応答(SOL146)のGUI設定のサポート

解析セットマネージャ
(4ダイアログ)

  • NASTRAN動解析 
    : 周波数や過渡時間等の設定項目を追加
  • NASTRAN空力データ(AEROx, MKAEROx)
    : マッハ数・動圧・突風荷重オプションの設定
  • NASTRANパワースペクトル密度係数(SOL146)
    : PSD入力項目 ※空力弾性ランダム応答のみ
  • 境界条件
    : 空力荷重の選択欄を追加

空力荷重の選択欄を追加

ボディ荷重:「垂直突風荷重」 追加

DMP(分散メモリ型並列処理)のCPU数設定をサポート

<設定箇所>
 [モデル]-[解析]コマンド
 NASTRAN実行およびソリューションオプション:「DMP CPU数」オプション追加

[DMP CPU数]は、次のnastranコマンドに相当
 ・DMPARALLEL
 ・MPI402(SOL402, SOL414)

MPC184 ジョイント要素をサポート

インポート・エクスポートに対応

  • FEMAPへのインポート時 : キネマティックジョイントとして変換
  • ANSYSへのエクスポート時: MPC184要素として変換

MPC184ジョイント要素のGUI設定に対応

[モデル]-[シミュレーションエンティティ]-[キネマティックジョイント]コマンドの次のダイアログ

  • キネマティックジョイントを定義:タイプ「11..一般」を追加
  • ジョイント接続を定義:タイプ「11..一般」を追加
  • ジョイントプロパティ:ANSYSタブを追加 (SECDATA, SECJ, TB, SECLOCK,SECSTOPUD)