大好評! サブスクリプションライセンス

FEMAP V2019.1 新機能

表示・選択

表示エンティティの一括選択ボタン

Femap V2019.1では、表示されているエンティティを一括選択できるボタンが追加されました。
グラフィックスに”表示”されている指定したタイプの全てを選択することができます。 このボタンをクリックすれば、選択作業を行わなくても、表示されているエンティティを一括選択できます。

旧バージョンでも、グループ機能,描画/消去ツールバーなどを用いれば、解析モデルの一部を表示する事が可能です。
しかし、表示されている「解析モデルの一部」に何らかの条件を定義する場合、ボックス選択などで、 表示されている解析モデルの一部を選択する操作が必要となります。
“リセット”がアイコン化されました

モデル情報からの検索

「選択」ツールバーに「モデル情報からの検索」が追加されました。
グラフィック上を選択するとモデル情報ツリーのエンティティがハイライトします。
膨大なプロパティを含む解析モデルで目的のプロパティを探し出す際、「モデル情報からの検索」を利用することで、 該当するプロパティがハイライト表示され、簡単に情報を取得することができるようになりました。

  1. 選択」ツールバーで、「プロパティ」を選択
  2. 「選択」ツールバーで、「モデル情報から検索」を選択
  3. 解析モデル上で、検索したい「プロパティ」が定義されているエレメントをクリック

上記手順で、「モデル情報」ドッキングウィンドウの「プロパティ」で、該当するプロパティがハイライトします。

[ビュー・シンプル]ツールバーの強化

「ビュー・シンプル」ツールバーに、「フィーチャライン」が追加されました。
ビューオプションダイアログボックスを開くことなく、外形線の表示・非表示の切り替えが即時可能です。
「ビューオプション」ウィンドウ→「カテゴリ」→「ツール、ビュースタイル」→「フィーチャライン」
↑でフィーチャラインの調整が可能です。

ソリッド要素材料軸

Femap V2019.1では、メッシュ作成後に、ソリッドの材料方向と指定できる、「ソリッドマテリアル座標系」機能が追加されました。

  • [修正]-[エレメントの更新]-[ソリッドマテリアル座標系]

また、Femap V2019.1では、ソリッド要素で参照される材料座標系を指定する為のMATCIDの読み書きもサポートされます。 FEMAPでは1つのソリッドプロパティに1つの座標系が指定可能ですが、条件によっては膨大なプロパティを必要とした 材料方向ごとの設定が大幅に改善されました。

1 2 3