2022年ゴールデンウィーク期間のサポート体制について>>

Solid Edge動作環境

Solid Edge 2022は以下の環境で動作することが確認されています

対応OS

  • Windows 10 EnterpriseまたはProfessional (64ビットのみ)
    バージョン1909またはそれ以降
  • Internet Explorer 11
    Solid Edgeは、どのブラウザにも依存していませんが、Google Chrome、Microsoft Edge、MozillaFirefoxなどのよく使用されている最新のブラウザに対して認定されています。
  • Microsoft Office 2019、またはMicrosoft Office 365 Business

※Windows 11のサポートについては、Solid Edge 2022メンテナンスパックでお知らせします

OSに関するご案内

  • Windows Home Editionはサポートされていません
  • Solid Edgeをサーバーオペレーティングシステム上で実行しないことを推奨します
  • Solid Edgeは、Microsoftがオペレーティングシステムに対する新しいリリースのメインストリームサポートをドロップした時点で、そのオペレーティングシステムに対する検証を中止します。
    • Microsoftは、2015年1月にWindows 7のメインストリームサポートを終了しました。
    • Microsoftは、2018年1月にWindows 8.1のメインストリームサポートを終了しました。
    • 結果的に、Solid EdgeはWindows 7とWindows 8.1にはインストールされなくなりました。

ハードウェア要件

推奨システム構成

  • Windows 10 EnterpriseまたはProfessional (64ビットのみ)
    バージョン1909またはそれ以降
  • 32 GB RAM以上
  • True Color (32bit) あるいは 1600万色 (24bit)
  • 画面解像度: 1920×1080以上

最小システム構成

  • Windows 10 Enterprise あるいは Professional (64-bit のみ)
    バージョン 1909 以降
  • 16GB RAM以上
  • 65000色
  • 画面解像度:1920 x 1080
  • インストールに必要なディスクスペース:7.5GB

※Solid Edgeまたはメンテナンスパックをインストールした後はシステムを再起動してください

グラフィックカードについて

Solid Edgeの最適なパフォーマンスをえるために、CADアプリケーションに最適化されたプロフェッショナル向けのグラフィックカードの利用をお勧めいたします。
Solid Edgeのテストに使用されるカードとその結果は以下のURLにて公開されています。ページ下部にスクロールし、〔ハードウェア(グラフィックカード)認定」をクリックし、ご確認下さい。

https://www.plm.automation/siemens.com/global/en/support/certifications.html

  • 大規模なアセンブリや複雑な部品を扱う場合は、少なくとも2GBのグラフィックカードをお勧めします
  • 表示フォントをラージフォントまたはエクストララージフォント(96 DPIより大きい)に設定すると、一部のSolidEdgeユーザーインターフェイスアイテムが意図したとおりに表示されない場合があります。これらの問題を解決するには、通常のフォント(96 DPI)を使用します。
  • SolidEdgeはワイドスクリーンリボンレイアウトを使用しています。
    このリボンレイアウトは、1920以上に設定された水平画面解像度に最適です