大好評! サブスクリプションライセンス

Femap起動時にFlexNet Licening error:-15,570が表示され、Femapが起動できません

バージョン:2020.1

Femapネットワーク版起動時に、FlexNet Licening error:-15,570が表示され、Femapが使用できない場合の対応法方法は?

原因は?
  • ライセンスファイルで指定されいるサーバー名が間違っており、ライセンスエラーが発生している
  • ファイヤーウォールで、ライセンス管理ツール「FLEXlm License Server」とクライアント計算機(=Femapを使用する計算機)間での通信が制限されている

これらが原因の場合、以下の設定を行えば問題が解消される場合があります。

手順

ログファイルを確認

  1. スタート->Femap V2020.1->FLEXlm License Managerを選択します
  2. 表示されたLMTOOLS(=FLEXlm License Manager)において、「Config Server」タブをクリックします。
  3. Service Nameで、Femapのライセンスを稼働させているサービスを選択します。
  4. ログファイルを表示させる為、「View Log」ボタンをクリックします。
  5. 表示されたログファイルで、下記のようなメッセージが出力されていないかを確認します。
    [表示例:ライセンスサーバー名がnserverなのに、nserver22と指定してしまった場合]  

対処方法

「14:45:48 (lmgrd) “nserver”: Not a valid server hostname, exiting.」が出力されている場合

  1. FLEXlm License Server(=LMTOOLS)において、「Close Log」ボタンをクリックします。
  2. 「Start/Stop/Reread」タブをクリックし、「Stop Server」ボタンをクリックします。 
  3.  ライセンスファイルを、メモ帳などのエディタで読み込み、サーバー名の間違いを修正します。
  4. 上書き保存し、メモ帳などのエディタを閉じます。
  5. FLEXlm License Manager(=LMTOOLS)において、再度、「Strat/Stop/Reread」タブをクリックし、「Start Server」ボタンをクリックします。
  6. FLEXlm License Manager(=LMTOOLS)を終了させます。

「14:45:48 (lmgrd) Valid license server system hosts are: “nserver22″」が出力されている場合

  1. Femapでは、通信で、二つのポートが使用されます。表示されたログファイルで使用しているポート番号が2か所記載されている為、「 Listening port: 」をキーワードに探します。
    14:47:39 (lmgrd) (@lmgrd-SLOG@) === Network Info === 
    14:47:39 (lmgrd) (@lmgrd-SLOG@) Listening port: 27000
    ….
    14:47:39 (esplmd) (@esplmd-SLOG@) === Network Info ===
    14:47:39 (esplmd) (@esplmd-SLOG@) Listening port: 45000
  2. 使用されている二つのポートをメモします。
  3. 「Close Log」ボタンをクリックします。
  4. FLEXlm License Manager(=LMTOOLS)を終了させます。
  5. [コントロールパネル]を起動します。
  6. [コントロールパネル]において、[システムとセキュリティ]ー[Windowsファイヤーウォール」を選択します。
  7. 「詳細設定」をクリックします。
  8. 表示された「Windowsファイヤーウォール」において、「受信の規則」と「送信の規則」で、使用されているポートの通信を許可します。




Please prove you are human by selecting the Plane.