大好評! サブスクリプションライセンス

Solid Edgeシミュレーション

高機能設計者CAEツール

デジタル環境で設計を検証するシミュレーション機能がSolid Edge Simulationです。 設計エンジニアは設計と同一環境で解析を操作することができ、市場化までの時間短縮・ 製品および材料コスト削減・製品品質の向上させるという利点を含めた、 Solid Edge環境内のタスクを多様化することが可能です。

  • Solid Edgeと同一インターフェースを用いることで解析の利用を促進
  • インハウスで解析が可能となり、イノベーションを促進
  • 部品、板金、アセンブリコンタクトのモデリング機能
  • 強力なメッシングとメッシュ改良
  • フル機能の荷重・拘束定義機能による現実的なモデル表現
  • 有限要素モデリング・解析技術、ソルバにはNX Nastran、 プリポストにはFemapと、実績あるSiemensの解析技術が盛り込まれ、 信頼できる高品質な結果を提供
  • シンクロナス・テクノロジーを用いた容易で高速なモデルの改善と ヒストリー・ベースのジオメトリモデリングによる解析モデルとの連携を両立

設計最適化

設計要件(制約条件)を満たすために、 設計変数の最適な組み合わせを見つけ出すプロセスが設計最適化です。 例えば応力値を設計基準以下にしながら質量が最小となるよう、 最適な寸法や形状を求めるといったことが設計最適化にあたります。 Solid Edgeでは解析結果を用いない『ゴールシーク』と解析結果を考慮する『最適化』を 利用することができます。

ゴールシーク

3Dモデル内の寸法値・物理特性(など)を変数とし、目的の値となるように変数値の最適値を求める方法です。

部品の重量をぴったり1.5㎏にしたい
スツールの重心を床から25インチにしたい

最適化機能 

解析結果の値を制約条件としてモデル変数(寸法値など)を変更し、最適なモデル形状変更を行います。 ※Solid Edge Simulationの機能です

応力値を基準の範囲に保ちつつ、変形を最小に抑えたい