大好評! サブスクリプションライセンス

Solid Edge ライブラリ

自動設計支援ツール

システムライブラリ

頻繁に使用されるユニット等に対して、 取り付けるために必要な加工情報をライブラリに保管します。
ライブラリに登録したユニットをトップアセンブリにドラッグ&ドロップするだけで、 ライブラリに保管されたモデルだけでなく、取り付け用の穴やフィレットなどのフィーチャがまとめて追加されます。
アセンブリに部品を追加する際に、必要な加工情報も自動的に追加されるため、アセンブリでの作業が格段にスピードアップします。

JIS標準部品

スタンダード・パーツ

ボルト・ナット・座金・鋼材など、機械要素を提供するライブラリです。
自動締め具配置機能やフレームモジュールと連動して規格部品の配置効率を飛躍的に高めます。

  • JIS
  • ISO
  • ANSI
  • GB
  • GOST
  • DIN
  • KS
  • UNI

対応している規格は上記のように多数。
必要な規格のみ選択してインストールすることができ(後から追加/削除が可能)
ディスク容量を必要以上に浪費することはありません。

部品サプライヤーとの連携

カタログパーツ

WEB経由で世界各国の部品サプライヤーから3Dモデルをダウンロードできるサービスです。
購入品を自分でモデリングする必要はもうありません。
Solid EdgeのネイティブとParasolid の2種類のデータ形式を選択できます(バージョンの指定も可能)

設計支援機能

エンジニアリングリファレンス

パラメータを入力するだけで、歯車、軸、カム、ラック&ピニオンなどを自動生成します。
また部品の生成前にその安全性、妥当性を見極めるための簡易チェック機能が付随しています。
JIS規格を始めISO,ANSI,DIN規格をサポートしています。

締結部品の自動配置

穴を選ぶだけで、径や深さに適した呼び径のボルト類が一覧表示されます。
ナットや座金もセットで選択すると1回の操作ですべて配置が可能。また、穴を同時に複数線タックすると、多数のボルト・ナット止めを一括で実行します。