2022年ゴールデンウィーク期間のサポート体制について>>

Solid Edge 2022 新機能

Solid Edge 2022の新機能を動画で確認!

機械設計の機能強化

CADダイレクト

  • 新しく搭載された3D設計機能で、主要なCADシステムで作成されたジオメトリを使用する際の生産性を向上
  • ファイルを変換せずに直接Solid Edgeアセンブリに取り込むことが可能(しかも関連性も保持)
  • 3D設計のアセンブリファイルにデータを保管することでデータ重複を回避

コンバージェント・ハイブリッド・モデリング

  • 独自のハイブリッド・モデリング機能により、b-repとメッシュ形状を同じモデルに取り込み、下流工程のアセンブリに使用することが可能。
  • ワークフローが加速し、メッシュモデルがより使いやすくなります
  • モデリング時間を大幅に短縮

点群の表示

  • 点群データのアセンブリをフルカラーで可視化し、新しく設計した装置を所定の位置に設置し確認
  • Solid Edgeのアセンブリ測定、表示ツールを利用し、点群に合わせながら装置の位置決めと設計が可能
  • 工場やプラントの改修寺に特に有効

大規模アセンブリパフォーマンスの強化

  • アセンブリの拘束読み込みに、読み込むデータ量を抑えたプレビューモードを搭載
  • マルチボディ・アセンブリ・モデリングモードはモデル内部のコンポーネントを1つのファイルにまとめます
  • コンポーネント検索機能ではオートコンプリートの類推フィルターを使用してアセンブリコンポーネントをすばやく直観的に検索

Synchronous Radiate

  • パーツモデルの円の半径サイズを楽々編集
  • シンクロナス・テクノロジーにより円周上に並んだ複数の面も1回の操作で放射状に移動が可能
  • 設計意図を維持

Solid Edge Design Configulator

ボタンをクリックするだけでルールベースの自動化によって新しい設計案を作成することが可能

  • 受注仕様生産 (CTO: Configure-to-Order) と受注設計生産 (ETO: Engineer-to-Order) プロセスを加速
  • 説得力ある提案書を素早く作成し、契約獲得率を向上
  • 受注ミスや現場での修正を削減

Xcelerator Share

次世代のクラウドベースコラボレーション

  • 設計を中心とした各種ツールを使用
  • ブラウザを介して、どのデバイスからでも作業が可能
  • ITインフラの追加は不要

Solid Edge 2022の新機能を動画で確認!