大好評! サブスクリプションライセンス

《解析事例》周波数応答解析

解析目的

鉄塔にセンサーを3基設置します。これらのセンサーは、90m/sec2の加速度まで耐えられますが、
それを超える加速度になると壊れます。この鉄塔の建っている地方の地震振動で揺らしてみて、
センサーの加速度が90m/sec2を超えないことを確認します。
 もし、超えていた場合、鉄塔をどのように補強することで、センサーの加速度が90m/sec2を超えないようになるか検討します。
※部材の特性や、センサー重量、地震振動は適宜設定しています。

動画で解析のステップを確認!

最初の解析結果

最初の鉄塔モデルであると、加速度が90m/sec2を超えてしまいました。
加速度が大きくなった周波数での要素のエネルギー状態を見てみると
根本の2つの部材に集中していました。

設計変更

根元の2つの部材の断面特性が3~4倍程度の部材に変更しました。

このケースでは、2つの部材を入れ替えることで、収まりました