RCCM-Structのセミナー・イベントにおける新型コロナウイルス感染拡大防止について

FloEFD for Solid Edge

FloEFD for Solid Edgeでは

固体により抽出された流体領域を自動認識して設定を行うため、
リアリティのある解析と可視化ができます。
また、Solid EdgeでモデリングしたCADモデルをそのまま利用することで、 解析・設計者が複雑なCADモデリングをハンドリングすることができます。
3D CFDモデリングと工学モデルを組み合わせ、ロバストかつ効果的なシミュレーションを実現する画期的な熱・流体解析ツールです。

コンセプト

  • Solid Edge内で稼動する、汎用のCFD(流体・熱伝達解析)ツール
  • 他のCFDツールとは異なり、FloEFDでは独特の解析モデルと伝統的な数値解析手法を組み合わせることで 幅広い層のユーザー(CFD専門家ではなくても)に簡単にお使いいただけるようになっています。
  • 設計開発のどのステージでも活用できますが、CADを使う設計者が設計の初期段階(構想段階)で使うことでより効果を発揮できます。(フロントローディングCFD)
  • 幅広い活用範囲:空力、電子部品の冷却、動力系、ターボ、照明、発電、油圧機器、熱交換器 など

FloEFD for Solid Edgeのテクニカルバックグラウンド

数値解法

FloEFはSolid Edgeの情報を使用して、メッシュ解像度が従来の数値CFDソリューションには不十分な領域を自動的に検出します。
さらに不十分な領域を自動的に分析し、経験に基づいた手法を適用します。 この手法によって、解析の精度を犠牲にすることなく少ないメッシュでの解析を実現します。

デカルトSmartCells

FloEFD for Solid Edgeでは1つのセル内に、自動的に構築されるCVをいくつも含めることができます。 これにより、必要なセル数が少なくなり、計算時間を短くすることができます。 更に、手動入力が少ないことから設定時間も短くなります 複雑な形状にも対応するため、形状の単純化を大幅に省くことができます。

Solid Edge環境におけるFloEFD for Solid Edge動作デモ

FloEFD 適用例

熱伝達

  • 電子機器の冷却
  • 熱交換器の効率検討
  • 射出成形機の冷却
  • 食品機械の殺菌プロセス
  • ゴムの押し出し加工
  • フロントガラスの氷対策
  • 太陽光発電
  • 照明
  • 太陽光による熱
  • エンジンの冷却系
  • ブレーキ設計
  • オイルクーラー設計

資料ダウンロード

輻射を考慮した居室内空調の流跡線温度で色分

圧力降下

  • 各種係数の考慮(cv/kv/Qn)
  • 吐出プロセスの最適化
  • ジェットポンプ
  • フィルター効果
  • ポンプ効果
  • ファンカーブの考慮
  • 空調設計

流れ場

  • 空力特性試験
  • キャビテーション対策
  • 騒音対策
  • 給排気マニフォルド設計
  • エンジンのシリンダ内流れ

資料ダウンロード

混合

  • エアコンのダクト設計
  • スプレイノズル
  • 複数種類のゴムの押し出し成形
  • インテークマニフォルド
    (EGR/トラッキング)
  • HVAC- 汚染物質のトラッキング 排気、ガス
  • 加熱炉、燃焼

資料ダウンロード

資料ダウンロード

温度依存粘性流体の攪拌挙動の水流動挙動
温度依存粘性流体の攪拌挙動の模擬粘性液流動挙動

力対策

  • 空力効果
  • バルブの稼動時の力
  • 建物、橋などが受ける風の影響
  • 流れによる力を構造解析の
    入力として利用
  • 熱応力解析で使う熱分布
  • トルクの予想

FloEFD 動作環境

対応OS

  • Windows 10.x/Windows 10.x Pro/Enterprise 64-bit

必要なソフトウェア

  • Microsoft Office 2013/Microsoft Office 2010/Microsoft Office 2007
  • Microsoft Windows Media Player 7.0 以降
  • Classic以上のSolid Edge(Floating) ST10/2019

最小システム構成

  • 最低4GB以上のRAM
  • 1.5GB以上のHDDの空き容量(インストール用)
  • CPU Intel Pentium 4以上/AMD Athlon以上
ご注意ください
FloEFD for Solid EdgeはSolid Edgeアドオンソフトウェアです。
Solid Edgeの動作環境もあわせてご確認下さい

Solid Edge動作環境 Solid Edge 2020 Simulation